アパート経営では、よくローンが検討されています。アパート物件はそれなりに購入価格も高めですから、分割での支払いが可能なローンは、確かにメリットは大きいです。
しかしローンは、それなりのリスクがある事は忘れてはなりません。例えば、金利の変化です。

そもそも金融商品というのは、手数料が固定されるとは限りません。住宅関連のローン商品でしたら、1%台に設定されている事も多いです。ところが様々な事情によって、それが2%台にまで上昇してしまう可能性も否定できないのです。

そうなると、アパート経営の計画が大幅に狂ってしまう事があります。1%台でローンの返済計画を組み立てていたものの、金利が大幅上昇したことにより、やむを得ずアパート物件を売却せざるを得ない事もあるのです。
このような事例は、案外と多く見られます。

ですから物件を購入する時に、できるだけローンの比率を下げる事も大切です。フルローンでアパート経営を行うのは、それなりにリスクが潜んでいる点には注意を要するでしょう。ほかにもいくつか盲点がありますので注意が必要です。その1つが、賃料上昇なのです。不動産投資には様々なリスクが隠れています。

もちろん経営を行う以上は、住民の方々から賃料は徴収する事になります。ところが何らかの事情により、その家賃が高くなる事もあるのです。ある時までは5万円台と設定していたものの、様々な複雑な事情によって、6万円台や7万円台になる事もよくあります。

問題は、それに伴う税金の上昇です。言うまでもありませんが、賃料が高くなれば収入額も高くなってくる訳です。それで税金の数字は、収入との相関関係があります。賃料が高くなれば手取り収入も高くなると期待する方々も多いですが、実際はその逆もあるのです。思っていた以上に税金が重たくなってしまい、経営が前に進まなくなってしまう事もあります。

つまりアパート経営を行う時には、税金のシミュレーションをしておく必要があるのです。運転資金や購入資金だけに注目するのではなく、税金もよく計算しておく方が無難でしょう。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|サプリメント|ショッピングカート|アフィリエイト相互リンク|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|SEOアクセスアップ相互リンク集|お小遣いNET|JALカード|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|童話|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ